春うこんの栽培(2)

画像
娘が気に入って毎日服用している春うこんを今年も製造するため、栽培している。
5月3、15日に種を植え付けた。
5月末に芽だし始め、その後、何本も芽だし、現在は、写真のように一番高いもので、1.5mを超える高さまで成育している。
今年は猛暑で、雨も少ない時期もあったが、ほとんど手をかけずに、虫に食われることもなく順調に育った。

収穫は12月中旬頃、行う予定である。
根本を掘り起こして、根についた実を分けて取り出し、洗浄する。
一人ではなかなかの大仕事である。

今年は回復してきた娘がひょっとして手伝ってくれるかもと楽しみにしている。
先だって、同じ畑で行った妹夫婦、甥二人とのサツマイモ掘りには、一緒に参加して、収穫を楽しんだから・・。

収穫したうこんの実は、製粉工場に持参して、粉末化を依頼する。
年末から来年初めには、飲用の春うこんが出来上がる予定である。

現在の成育状況では、当初の目論見の2倍以上、粉末として数kgの収量が期待できそうである。

来年には、多くの人に差し上げることができそうである。

"春うこんの栽培(2)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント