テーマ:医療

まずは自主減薬から

父も娘もリスパダールの減薬が妥当であるという確信を得ているからこそ、主治医に減薬を迫ってきた。 今の段階では、主治医が認めないからと言って、リスパダール12mgを服用し続ける気持ちはなくなった。 という訳で、本日より、自主的に減薬に取り組むことにした。とりあえず、朝服用しているリスパダール2mgOD錠、2錠のうち、1錠を止めることに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

転院へ向けて

新しい主治医は精神療法に重きを置く、今時貴重な医師である。 しかし、現在のシステムで一時間以上も診察に時間をかけるのは、物理的に無理なのは自明である。昨日、4回目の診察では2時間待ちとなった。 やっと診察に入り、40分を経過すると待っている患者がドアーを開けてきて、苦情を言った。結局、診察は中途半端に終わらざるを得なかった。 主治医は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

減薬・新たな段階へ

娘は服薬へのコンプライアンスがとても高い。毎日、きちんと服薬してきたお陰もあり、このところ症状が安定し、規則正しい生活ができてきている。 一方、その代償として、動作が鈍く、ちょっとした運動や作業でもとても疲れやすい、近記憶が飛びやすい、皮膚症状が出やすい、月経が不順などの副作用と思われる症状があり、QOL(生活の質)は低い状態にある。…
トラックバック:0
コメント:11

続きを読むread more

家庭訪問

我が家からバスと徒歩で15分程度で行ける場所に地域生活支援センター がある。 そこでは数人のスタッフが居て、心の病を抱えた人たちの相談に乗ったり、 仲間同士で談話したり、簡単なプログラムを作ったりして、日中を気楽に 過ごせるようになっている。 心の病の原因は対人関係のもつれがほとんどである。 それ故、病を治すことは、一人であ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

精神科診療事情と自己防衛

精神治療では、本来、もっと精神療法に重点が置かれてしかるべきと 思うのだが、私が経験した病院、クリニックで精神療法を重点に診療している ところはなかった。診察時間はおおむね10分程度で、医者はおざなりに 患者の話を聞き、患者が納得しようがしまいが、一方的にそれはこうだ、 こうしなさいと言い、だからこの薬剤を服用しなさいと押し付け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more