猫ちゃん(チャッピイ)の病気

画像
亡き妻は、1996年長女が心の病で入院中で、次女が結婚して家を離れ1年を経過した時、ペルシャ猫、チンチラシルバー種をブリーダーから譲り受けた。
元々、妻は動物が大好きで、長女が入院する前までは、我が家では、迷い込んだ犬を保護して飼っていた。
その犬は娘(長女)が、最初に入院した年の1992年に13歳で、病気で亡くなった。
それ以来、我が家では犬、猫は飼っていなかった。
猫ちゃんの購入は、妻が独断で決めたが、父も嫌いではなかったので喜んで、チャッピイと名付けた。
チャッピイはとても愛くるしく、気持ちを和ませてくれていたが、しばらく経つと、父も妻も腕や身体の一部に円形の湿疹ができ始めた。皮膚科で診て貰うと、猫からの感染菌に依るとのことであった。
近所の動物病院に相談すると、その感染菌を根治することは無理だから、その猫ちゃんを飼うのは諦めるように言われた。 
そんなことができるはずもなく、別の動物病院を訪ねた。すると、そこの医師は、「自分が大学病院で経験した処置法がある。保証はでき兼ねるが、それで良いなら試してみる」と言ってくれたので、藁をもすがる思いで治療をお願いした。
ペルシャ猫は毛が命のようなものであり、ふさふさしてとても立派な毛をしている。
しかし、チャッピイはこの治療のため、全身の毛を丸刈りにされた。
その姿はまるで、ETのようだった。

幸いにも、治療は成功して、菌は根治され、チャッピイは命を救われた。

しかし、チャッピイには、病院に対する嫌悪、恐怖のトラウマが形成された。
それ以来、チャッピイはずっと病院嫌いで、治療の際は、大声でうなり、大暴れするようになった。

そのチャッピイも今年で14歳になった。人間で言えば80歳を超すらしい。
今年の猛暑はよほど応えたのか、8月の中旬頃、一度食べた物を吐いた後、3日間全く飲食しない状態となり弱って行った。
このときの病院の診断は夏バテということで、点滴したり、抗炎症の注射と飲み薬を与えることで、1週間ほどで、食事をとれるようになり、元気を取り戻していた。

ところが、9月の末になって、首の後ろ、両肩の中央部辺りがぶよぶよと膨らんできているのを発見した。
早速、病院に行き、診て貰うと、血腫ができており、抜いた血液を観察すると細菌が繁殖していることがわかった。

チャッピイはその時以来、4,5日に一回程度、病院通いをして、溜まっている血液を抜き、出血防止、抗菌剤、免疫疾患治療薬などの処置をしてきている。
また、朝、夕、二度飲み薬を水に溶かして、注射器で口に注入して飲ませてきた。

しかし、出血は止まらず、出血範囲が次第に広がり出した。そして、最初にできた膨らみ部分は固くなって大きく盛り上がってきた。(写真)

注射器では、血液が抜けなくなったので、一度、危険を承知で鎮静麻酔をかけて、膨れた部分に穴を開け、膿を除去しようとしたが、無理だったようだ。
それで、組織をサンプリングし、検査に出した。

検査結果は、それまでに、ある程度覚悟はしていたが、浸潤性線維肉腫(悪性の腫瘍)とのことであった。
この腫瘍は、転移は少ないが、手を打たないと病変が拡大していくそうである。

しかし、チャッピイは高齢であるし、現段階では、外科手術、抗がん剤治療、放射線治療は適当とは言えず、打つ手がないとのことである。
  それで、病院ではこれまで通り、新しくできる血腫から血液を抜き、抗菌剤、出血防止などの対象治療をして行くことしかない。

病院嫌いなチャッピイにどこまで、治療をして行ったら良いか、これから悩んでいくことになる。

  幸いにして、現在はまだ、食欲は十分あり、つきっきりで食べさせてやれば、どんどん食べてくれ、新陳代謝も全く問題がない。
体重は全盛期の半分に減っているが、元気である。
元気なうちは、今の方針で、見守って行くしかない。

娘は、リスを減藥して大騒ぎし、減藥は後退したが、現在は元の状態に戻っており、朝は、父より早く起きて、チャッピイに食事の介助をしてくれている。
 
  腫瘍に対して、病院でも、あまり期待はできないが、やってみたらと提案されたのは、免疫を強化する漢方サプリメントの投与である。
  病院が紹介してくれた漢方は2種類あったが、いずれも錠剤であった。
父が独自にネットで調べたのは、ハイライフジャパンから出している液体のアガペットゴールドという漢方サプリメントである。価格はほぼ一ヶ月分(300ml)が15540円である。
ここでは、一ヶ月試して、効き目がないようなら、代金をお返ししますという良心的な販売をしているし、液体なので与えやすいこともあり、これを試すことにした。
一昨日より、キャットフードに混ぜるだけで、全く問題なく食べてくれている。

  今は、この漢方サプリメントが効いてくれることを祈るばかりである。

この記事へのコメント

マメコロ
2010年11月09日 22:57
こんばんは♪
チャッピイパパさんのハンドルネームは猫ちゃんからきてるのですね
ところで、メールを読ませて頂いて思ったのですが、
エビリファイは睡眠を不安定にさせるのではと心配に思いますが
大丈夫なのですか?
もし良ければ結果を教えて下さると嬉しいです。
よろしくお願いします♪

この記事へのトラックバック